ライティング村

知って得する丸秘情報を発信するWebサイト

コラム

【2017年】卒業ソングの歌詞ベスト3選

投稿日:2017-03-21 更新日:

すっかり卒業式の季節になりましたね。

嬉しくもあり、さみしくもあるのが卒業式です。

 

数年間の楽しかったこと、苦しかったことを乗り越えての卒業。

成長の証でもあり、ともに過ごした仲間との別れでもあります。

 

でも、前向きになることが大切!

これまでの成長を称えるとともに、新しいステップを踏むための大事な式典。

それが卒業式です。

 

卒業式には、学校で卒業ソングを歌うこともあります。

あるいは卒業式が終わって、仲間でカラオケ。そこで卒業ソングを歌うのもいいですよね。

 

今回は、そんな卒業ソングの歌詞ベスト3選【2017年版】をおとどけします。

卒業ソングとして不動の地位を築いた曲の歌詞。そこにはある「共通項」が見つかりました。

 

人気の卒業ソング3選になっていますので、どうぞお楽しみに。

 

卒業写真:松任谷由美(荒井由美)

 

ユーミンこと松任谷由美(荒井由美)さんの「卒業写真」。

この曲は、卒業というタイトルのつく曲のなかでは殿堂入りと言っても過言ではありません。

 

女性からの共感を得ることが多いかもしれませんが、男性からも人気のある好きな曲です。

とても美しいメロディが心に沁みる、名曲です。

 

それでは、歌詞をみてみましょう!

 

悲しいことがあると開く革の表紙

卒業写真のあの人はやさしい目をしてる

町でみかけたとき何も言えなかった

卒業写真の面影がそのままだったから

 

人ごみに流されて変わってゆく私を

あなたはときどき遠くで叱って

 

話かけるようにゆれる柳の下を

通った道さえ今はもう電車から見るだけ

あの頃の生き方をあなたは忘れないで

あなたは私の青春そのもの

 

人ごみに流されて変わってゆく私を

あなたはときどき遠くで叱って

あなたは私の青春そのもの

 

 

いかがでしょうか。

青春の思い出についての歌になっていますね。

卒業時というより、卒業して数年経過した方々からの共感を得やすい歌詞になっています。

 

卒業のときには、みんなで集まって写真を撮ります。

そんな卒業写真は、青春の象徴。

学校での出来事は思い出せなくとも、卒業写真を撮ったときのことは憶えているという方も多いのではないでしょうか。

 

卒業から数年経過すれば青春時代の記憶も薄れてしまいますが、卒業写真を見ることで、当時の色々な思い出もよみがえってくるかもしれません。

 

 

さくら:森山直太朗

 

お次は、森山直太朗さんの「さくら」です。

この曲がリリースされたときのことはよく憶えていますが、学校でも歌われるようになったのですね。

リリースされた当時から大人気の曲です。桜は日本人のこころです。

 

こんな歌詞です。

 

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を

さくら並木の道の上で手を振り叫ぶよ

どんなに苦しい時も君は笑っているから

挫けそうになりかけても頑張れる気がしたよ

 

霞みゆく景色のなかにあの日の唄が聴こえる

 

さくら さくら 今、咲き誇る

刹那に散りゆく運命と知って

さらば友よ 旅立ちの刻

変わらないその想いを今

 

今なら言えるだろうか 偽りのない言葉

輝ける君の未来を願う本当の言葉

 

さくら さくら ただ舞い落ちる

いつか生まれ変わる瞬間を信じ

泣くな友よ 今惜別のとき

飾らないあの笑顔で さあ

 

さくら さくら いざ舞い上がれ

永遠にさんざめく光を浴びて

さらば友よ またこの場所で会おう

さくら舞い散る道の上で

 

すっかりおなじみの卒業ソングとなった「さくら」。

卒業シーズンは、ちょうど桜の開花時期ですよね。

 

友人との別れと旅立ち。そして未来への希望。

まさに卒業ソングにぴったりです。

出会いがあれば別れもある。でもこの曲を聴いて、別れがあっても励まされた方も多いのではないでしょうか。

 

翼をください:赤い鳥

最後は、フォークグループの赤い鳥による「翼をください」です。

 

では歌詞を確認してみましょう。

 

いま私の願いごとが

かなうならば翼がほしい

この背中に鳥のように白い翼つけてください

 

この大空に翼をひろげ飛んで行きたいよ

悲しみのない自由な空へ

翼はためかせ行きたい

 

いま富とか名誉ならば

いらないけど翼がほしい
子どものとき夢みたこと
今も同じ夢に見ている
この大空に翼をひろげ飛んで行きたいよ

悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ行きたい

 

この曲も、たくさんの方が学校で歌ってきたのではないでしょうか。

卒業を思わせる言葉はこの歌詞には入っていませんが、希望のある未来をイメージさせてくれる清々しい歌詞になっています。

未来への夢と希望。それが卒業ソングにぴったりなのでしょうね。

 

まとめ

 

ご紹介しきれませんでしたが、ほかにもすばらしい卒業ソングはまだまだたくさんあります。

こうした人気の卒業ソングに共通するのは、「思い出」、「成長」、「別れ」、「旅立ち」、「希望」というイメージです。

 

これらのポイントを上手に歌詞にした歌が、歌うひと聴くひとの心の琴線に触れてきたのでしょう。

 

これから学校を卒業するひとは、どんな卒業ソングを歌おうか考えてみてください。

もう学校には行かなくなった年齢の方も、ご自身の卒業がどんな様子だったか、卒業ソングを聴きながら思い出してみてください。

卒業写真のアルバムを開いて昔を振り返るのも、時にはよいものですよ!

-コラム

執筆者:

関連記事

中古のThinkPadをBe-Stockで買ってみた!おすすめと評判

大人気のノートパソコンThinkPadが、中古で安く手に入ったらうれしいですよね? 新品だと、ある程度の大きさのものだと10万前後しますよね? なるべく中古でお財布に優しいもの買いたい。。。 私自身、 …

「いかなご解禁!」のいかなごって何?

春の訪れとともに、いかなご漁が解禁されました。 いかなごの釘煮が好きな方も多いのではないでしょうか。 2017年は、不漁だそうで、水揚げ量がかなり例年よりも少ないようです。 そうなると、もちろん高値が …

両親が感動する似顔絵メッセージボード・サンクスボードはこれ!

両親に渡すととっても感動してもらえるのが、似顔絵つきのメッセージボード(サンクスボード)です。 いつまでも、感謝の気持ちを大切にしておきたいですよね? でも、感謝を伝えるタイミングってむずかしいですし …

【注意!】実印を通販で作成するのは危険?安全な方法はコレ!

「実印を作りたいんだけど、通販サイトで印鑑を作るのって危険なの?」 と心配になっていませんか? たしかにネット上では、通販サイトで実印を作ると危険である、というような記事もたくさん書かかれています。 …

【2017】大阪造幣局「桜の通り抜け」の楽しみ方!

大阪造幣局は、日本有数の桜の名所です。 大阪造幣局では春になると、「桜の通り抜け」という催しが開催されます。 2017年の今年も、134品種350本もの美しい桜をまぢかに眺めることができます。 今回は …